バストゥーク

バストゥークに降り立った1STキャラ。

マニュアル見ながら操作していました。

最初に感じた事は、移動が遅い。

歩いてましたから。

走り方わからなくて。

そん次感じた事、マップが広い。

移動しているだけで時間がかかる。

そう、これがマゾゲームの第一歩だったのです。

この後、LV上げで延々と何時間も拘束されるとは思いもよらなかったですね。




ツェールン鉱山を探してグスタベルグをさ迷っているうちに3D酔いしてしまいました。


特に面白みも感じられなかったんで、しばらくほっておく事になります。

1ヶ月くらい。

続く




ツェールン鉱山は街の中にあります。

街の外を探してもある訳がないのです。
[PR]
by guriemon1 | 2008-08-27 22:59 | 思い出話


<< サンドリア FFXIキャラメイク >>